アンシネは意外と日本通!?好きな日本人歌手やカラオケで歌う曲とは!?

スポンサーリンク

その美貌とナイスバディ(笑)で、ゴルフの腕以外にも見た目やファッションにも注目が集まっているアンシネ選手。そんな彼女は、意外にも日本通で、カラオケでは宇多田ヒカルや西野カナなど、日本人歌手の曲を歌うらしい。そんな彼女の裏プロフィールと、今後アメリカツアーでアンシネのセクシーな恰好が観られなくなると言われることについて少し触れます…いや、大分触れます(笑)

アンシネは宇多田ヒカルや西野カナの曲をカラオケで歌っている??

2017年から日本ツアーに参戦しているアンシネ選手ですが、韓国にいた頃から日本の歌手や曲を聞いていたのか…は知りませんが、自身が趣味と公言しているカラオケでは日本人の歌手が歌う曲を歌っていたりするらしい。

その歌手として噂になっているのが、宇多田ヒカル、西野カナ、浜崎あゆみ。(噂もくそも、正直どうでも良いんじゃないかと思うんですが…笑)

ですが、実際にカラオケで歌うのは、宇多田ヒカルの曲らしく、特に「First love」がお気に入りだとか。この曲センスは最高!!

他の歌手(西野カナ、浜崎あゆみ)について噂が立った理由は、めざましテレビで、アンシネの特集が組まれた際、好きな日本人歌手として3択を用意。

それが、宇多田ヒカル、西野カナ、浜崎あゆみの3人で、アンシネ選手は、その中の宇多田ヒカルを選んだ。

これが、飛躍して、アンシネ選手は西野カナや浜崎あゆみも歌うんじゃないか、と噂が立った経緯です。

ちなみに、アンシネ選手は、上で書いたように、日本通で知られていて、好きな食べ物に「お寿司」を選んでいて、「特に美味しかったお寿司屋さんは?」の質問には、銀座にある久兵衛(知る人ぞ知る高級お寿司屋さん)と答えていました。

アンシネのミニスカ姿が米LPGAでは見られなくなる!?

アンシネ選手と言えば、ミニスカセクシィーと、おっさんゴルファーなら誰でも答えるほど、露出満点のミニスカ姿がお馴染みのトレードマークになっていますが、なんと、今後アメリカのLPGAツアーでは、その姿がお目に掛かれない可能性が大になりました。

というのも、実は、2017年の全米女子オープンの後に、選手たちにこんな通達がありました。

それが、「短いスカートダメ絶対!」というもの。

年々、短くなっていくスカートに、いつかワカメちゃんみたいな恰好で出る選手がいることを危惧したのか分かりませんが、かなり厳格な規定を設けたみたいで、その規定に触れる選手には罰金1000ドルを課すという徹底ぶり。

具体的な内容は以下の通り。

「立っている時も、しゃがんでいる時も、スカートの長さはボトムエリアを隠すに十分ではなければならない」

それ以外にも、大会前のプロアマのパーティーの服装にも触れるなど、多様化するゴルフウェアの未来に「No!」を突き付けたと言っても良いほど、厳しいもの。

仮に、これら恰好が少数派であれば、一部の人間に対して警鐘を鳴らす程度の大したことのない話ですが、大会を見て貰えれば分かるように、多くの女子選手が、短いスカートを着用しています。

ミシェルウィー選手なんかもう、存在を否定されるレベル(爆)

当然、これは今後日本ツアーで結果を出して、米LPGAの大会に参戦する可能性のあるアンシネ選手にも適応されるもので、日本ツアーで着用しているウェアなどで参戦すれば、即罰金ものです。

ただね。これに関して、アマチュアゴルファーとして物を言いたいんですが、このやり方は、今後ゴルフ界の衰退を加速させるだけですよ、マジで。

もうね、時代に合ってなさすぎ。伝統を重んじるのと、可能性を潰すのをはき違えている典型です。

我々一般人ゴルファーにとっても同じで、やたらと服装にうるさいクラブハウスとかおっさんゴルファーとかいるでしょ?襟付きでないとダメとか、ジャケットの着用義務とか。

ハッキリ言ってそういう、どうでも良い表面的なことばかりを気にしているクラブハウスやゴルファーが遊戯人口の衰退に影響していることを知った方が良いですよ。

今の若者で、普段ジャケットを着ない人なんかザラにいます。

そもそも、スポーツを楽しみに行くのに、出入り口のみで使用するジャケットを着させられるって意味が分かりません。

そもそも、スポーツウェアがダメな理由を説明出来る人っていますかね。動きやすさで言えば、襟付きよりも遥かに上でしょう。

起源は色々ありますけど、元々ゴルフは、羊飼いが羊の尻をペシペシする棒で石っころを叩いて遊んでいたことが始まりだと言われています。

それを商業化した結果、今のどうでも良い、服装規定とかが生まれました。

実は、元々のルールブックには、規定が滅茶苦茶少なかったんです。公正にゴルフというスポーツを楽しむためのルール(相手プレイヤーの邪魔をしないとか)しかありませんでした。

若者が個性あるファッションを楽しむ時代、ファッションが多様化する現在で、服装に細かく規定を設けたら、誰が誰かも分からず、地味で華やかさも何もない。

実際、若い女性で短いスカートでゴルフを楽しんでいる人滅茶苦茶多いです。YouTube動画とかを見ていれば分かります。

ちなみに、既に米LPGAはかなり衰退していってます。

全米女子オープンの中継を見た人なら分かるはずですが、まぁ、人がいない。世界的な大会にも関わらず、観客がすげー少ないんですよ。

逆に、日本の女子プロゴルフ界は、今、最盛期を迎えています。

下記の記事でも書いたんですが、

⇒ アンシネのセクシー過ぎる恰好にイラつく選手が続出

華のある女子プロを現場に見に行くおっさん連中が、ゴルフ界を支えているんですよ。そこら辺を真面目に考えた方が良いです。

逆に華やかさのない日本男子ゴルフは、かなり衰退していってます。

ゴルフは紳士のスポーツという人がいますが、それ以前に、エンターテイメントです。

プロの技術を見て楽しむもよし、女子プロの恰好や華やかさを見て楽しむもよし、それは見る側の人が決めることです。

恐らく、そこら辺の恩恵を理解している日本女子ゴルフ界は、服装規定とかは設けないと思いますよ。(設けたら…ゴメンなさい…笑)

だって、今の華やかな韓国勢がゴルフ人気を支えていますから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする