「 ゴルフ考察 」一覧

松山英樹のパター遍歴とグリップ(握り方)やストロークアドレス練習法まで徹底解剖

松山英樹のパター遍歴とグリップ(握り方)やストロークアドレス練習法まで徹底解剖

日本が世界に誇る最強ゴルファー松山英樹選手。彼の唯一のウィークポイントと言われてたのがパター。しかし、最近は波に乗るとそのパターもバスバス決めまくり、ビッグスコアを出すこともあります。そんな彼のパター使用遍歴と現在の使用パター、またパターのグリップ(握り方)やアドレスやストロークなどについて徹底解剖していきます。

松山英樹選手のグリップとアドレス時ルーティーン!!なぜグリップは左手3本を強く握るのか!?

松山英樹選手のグリップとアドレス時ルーティーン!!なぜグリップは左手3本を強く握るのか!?

ゴルフにおいてグリップは、クラブと体を結ぶ唯一の接点で、とても重要です。過去にはある有名選手が、しっくり来るグリップが完成したので、そのグリップを忘れないよう、グリップしたまま寝たなんていう、嘘か本当か良く分からない話まであります。ここでは、そのグリップにおいて左手の3本を強く握る意味とアドレスでクラブをソールするとなぜ上手く行かないのかについて解説します。

全米プロ後の松山英樹のインタビューに批判が殺到!!他のプロ選手からも苦情が…

全米プロ後の松山英樹のインタビューに批判が殺到!!他のプロ選手からも苦情が…

全米プロでメジャー初優勝を期待された松山英樹選手でしたが、惜しくも最終日に崩れ、最終的な順位は5位。それでも世界の5位なので十分健闘したと思いますが、試合後には涙を見せる珍しい場面も。しかし、そんな裏側では、全米プロを生中継したフジテレビに批判が集まってる。特に批判が集まったのが、松山英樹選手へのインタビュー内容。他のプロゴルファーからも苦情が出るほどの内容だった。

ヘロヘロのスライス球に悩むアマチュアにお勧めなのはハンドダウンorライ角アップ!

ヘロヘロのスライス球に悩むアマチュアにお勧めなのはハンドダウンorライ角アップ!

よくゴルフ用語で出てくるハンドアップとハンドダウンという言葉。具体的にはなんのことを指し、手元の正しい位置とはどこなのか。他にも、ハンドアップやハンドダウンのメリットやデメリット。なぜアマチュアにはハンドダウンがお勧めなのか、について解説したいと思います。

森田遥が抱える国籍問題を分かり易く時系列を交えて解説!

森田遥が抱える国籍問題を分かり易く時系列を交えて解説!

2017年8月に開催された明治カップで、日本ツアー初優勝をあげた森田遥選手。元々、ジュニア時代から未来を有望視されていた彼女は、今回の優勝で名実ともにトップ選手の仲間入り。そんな森田遥選手ですが、日本国籍と中国国籍の国籍問題を抱えています。ここではその少しややこしい国籍問題をwikiやプロフィール、時系列を交えながら分かり易く解説したいと思います。

【画像】重心はつま先?かかと?世界ランク上位10人のアドレス重心位置はこうだ!

【画像】重心はつま先?かかと?世界ランク上位10人のアドレス重心位置はこうだ!

今回は、ゴルフにおいて重要なアドレスの際の重心位置についてです。アドレスの重心は、やれ、つま先体重だの、やれ、かかと体重だのと、色んなことが言われていますが、論より証拠で、世界ランク10位以内のトッププロたちのアドレスの画像をまとめて比較してみました。また、重心位置を理解するための考え方についても解説します。

【動画】キム・インキョンの美しすぎるスイングはアマチュアのお手本

【動画】キム・インキョンの美しすぎるスイングはアマチュアのお手本

海外ツアーで優勝経験もあるキムインキョン選手。日本ではまだまだ無名ですが、彼女は韓国スイングの見本とも言えるスイングをしており、海外でもその評価は高い。また、アマチュアの人にとって参考にもなるスイングなので、彼女のスイングの特徴を紹介したいと思います。

ミシェルウィーの服装が地味になった理由…セクシー潰しに出る海外女子ゴルフ界

ミシェルウィーの服装が地味になった理由…セクシー潰しに出る海外女子ゴルフ界

ミシェルウィー選手と言えば、とてもゴルフをしているとは思えないその奇抜な服装とセクシーな恰好で、海外では有名。しかし、最近はそのセクシーさが影を潜め、あまり見ない、ロングパンツなどを着用している姿が目立つ。これには実は裏話があり、今、海外女子ゴルフ界は、セクシー潰しに躍起になっているのだ。

簡単にゴルフの手打ちを体感できる方法を紹介!青木功の名言「ゴルフは結局ベタ足で手打ちだよ。」

簡単にゴルフの手打ちを体感できる方法を紹介!青木功の名言「ゴルフは結局ベタ足で手打ちだよ。」

日本のゴルフ界は昔から手打ちはダメというイメージを一般アマチュアに植え付けてきました。練習場にいる教え魔のおじ様たちは皆口を揃えて「手で打っちゃダメだよ、体で打たなきゃ、ボディーターンで。」と語ります。私も練習場でそんなことを言われ続け、全く飛ばない、上手くならないおば様、おじ様をよく目にします。

イボミ、キムハヌルなど韓国勢が2017全英リコー女子オープンを辞退する理由とは!?

イボミ、キムハヌルなど韓国勢が2017全英リコー女子オープンを辞退する理由とは!?

2017年8月3日から開催される全英リコー女子オープン。日本勢では、鈴木愛、宮里藍、野村敏京、上原彩子、川岸史果、堀琴音、の出場が決定している。そんな中で、日本ツアー参戦のイボミ、キムハヌル、アンソンジュが出場辞退を表明しており、特にイボミは、これまでも多くの海外メジャーを辞退してきた経緯がある。なぜ、韓国勢は海外メジャーに興味がないのか!?