「 スイング 」一覧

【動画】アマチュアがハンドファースト×ダウンブローに打てない理由はフェースローテーションの間違った方法が原因!!

【動画】アマチュアがハンドファースト×ダウンブローに打てない理由はフェースローテーションの間違った方法が原因!!

ゴルフにおいて初心者、また一部の上級者もぶつかる壁、”ハンドファースト”と”ダウンブロー”。初めてゴルフをした人はほぼ出来ない動きと言われるほど、ある意味、違和感満載な動きですが、アマチュアの多くは、フェースローテーションの方法を根本的に間違っています。また、プロのインパクト時のヘッド軌道を超スロー映像で紹介!!

驚異の飛距離!!ブルックスケプカの飛距離やヘッドスピードとプロによるスイング解説!!

驚異の飛距離!!ブルックスケプカの飛距離やヘッドスピードとプロによるスイング解説!!

2017年の11月にダンロップフェニックス出場するブルックスケプカ選手。昨年は池田選手との壮絶な優勝争いの末、優勝。そんな彼の武器はなんと言っても飛距離。その飛距離とヘッドスピードを紹介します!!また、動画付きでのプロによるスイング解説も!!

2017年どうしたイボミ??スタッツから見るイボミの不調の原因とは!?

2017年どうしたイボミ??スタッツから見るイボミの不調の原因とは!?

2015年、2016年と連続で賞金女王に輝いたイボミ選手。その当時の活躍ぶりから、もはや敵なしとまで思われた彼女だが、2017年に入ってからは1勝を挙げてはいるものの、その他の大会では上位に顔を出すことがほとんどないような状態。そんな彼女の不調の原因をスタッツから分析してみます。

【最新】小平智のwikiとプロフィール、クラブセッティングやウェアを紹介!※随時更新

【最新】小平智のwikiとプロフィール、クラブセッティングやウェアを紹介!※随時更新

2017年の三井住友VISAカードマスターズを制し、今シーズン2勝目かつ現在賞金ランキング1位と今最も脂が乗っている、小平智選手。そんな彼のプロフィールやwiki、またヘッドスピードやクラブセッティング、彼が来ているウェアのメーカーなどを紹介します。

【画像】鈴木愛の使用パターとグリップ、打ち方を詳細解説!

【画像】鈴木愛の使用パターとグリップ、打ち方を詳細解説!

2017年11月現在、賞金ランキングで1位の鈴木愛選手。彼女の強さを支えているのが、何と言ってもパター!今シーズンの平均パット数では堂々の1位(約1.75)で、毎年の様にこの数値はトップ5圏内です。そんな彼女の使用パターと、グリップ、打ち方を画像で詳細解説します。

【画像解説】なぜ打てる??レキシートンプソンの特徴的なスイングと飛距離の秘密

【画像解説】なぜ打てる??レキシートンプソンの特徴的なスイングと飛距離の秘密

世界ランク3位の美しき飛ばし屋レキシートンプソン、過去には日本の大会で優勝を飾ったこともある彼女ですが、そのスイングは一見”超特徴的”(変則的?)。なぜあのスイングで球を打てるのか?また、彼女の飛距離の秘密やヘッドスピード、ドライバーの飛距離などについても紹介します。

時松隆光がベースボールグリップにする理由とは!?メリットとデメリットを紹介!!

時松隆光がベースボールグリップにする理由とは!?メリットとデメリットを紹介!!

今最も波に乗っている時松隆光選手。そんな彼の特徴がなんと言っても、グリップの仕方。世界中のプロの90%が採用しているインターロッキングやオーバーラッピングではなく、彼が採用しているのがベースボールグリップ。そこに至った意外な理由??と、メリットやデメリット、グリップ方法を紹介します。

C.キム(チャン・キム)の脅威の飛距離とスイング!!アマチュアが真似すると危険!?

C.キム(チャン・キム)の脅威の飛距離とスイング!!アマチュアが真似すると危険!?

日本ツアーNo1の飛距離を誇るC.キム(チャン・キム)選手。その飛距離は平均で3111yd。2位に10ydの差を付けダントツでトップです。当然、その飛距離の理由に恵まれた体格もありますが、チャンキム選手は最近スイングを変え、その結果更に飛距離が伸びたと言われています。…が、アマチュアがその言葉を鵜呑みにするとほぼ上手くいきません。その理由と、彼のスイングの変化について紹介します。

大堀裕次郎の左腕(左手)に違和感!?幼少期の事故が原因で変則スイングに!?

大堀裕次郎の左腕(左手)に違和感!?幼少期の事故が原因で変則スイングに!?

ゴルフ界期待のホープでイケメンの大堀裕次郎選手。細身ながらも高い身長を活かした飛距離が魅力の一つで、叩けば300ydを超えるとも言われている。そんな大堀裕次郎選手ですが、中継やスイングを見ていて、「あれ?左腕(左手)がなんか…」と思った人もいるかもしれません。それに付随して、彼は変則スイングで有名ですが、それも左腕が関係していると言われています。そんな大堀裕次郎選手のwikiやプロフィール、また変則スイングの理由について紹介します。

松山英樹が目指すアプローチは「フルショットの縮小版」

松山英樹が目指すアプローチは「フルショットの縮小版」

松山英樹選手の強さを支えているアイアンショット。世界でも屈指のショットメーカーと呼ばれる彼ですが、実はグリーン周りのアプローチに関しては、まだまだ改善の余地があると個人的に思っているのだとか。そんな彼が考えるベストなアプローチショットというのは、フルショットの縮小版。