「 スイング 」一覧

【画像&動画】台湾出身のベイブリュウ選手のwikiとスイング動画

【画像&動画】台湾出身のベイブリュウ選手のwikiとスイング動画

2017年のニトリレディースでは申ジエ選手に敗れ惜しくも2位に終わったベイブリュウ選手。スラっとした美脚と高い身長、あどけない表情が素敵な選手ですが、意外と日本ではまだ無名の選手。そんなベイブリュウ選手のwikiと実は美しいスイングの持ち主であるベイブリュウ選手のスイングを紹介します。

【2017最新】松山英樹のスイング連続写真と分析結果から分かる”現代ゴルフ”のスイング理論

【2017最新】松山英樹のスイング連続写真と分析結果から分かる”現代ゴルフ”のスイング理論

世界ランキングや賞金ランキングで世界トップクラスの松山英樹選手のスイングは今、世界でも大きな注目を浴びています。というのも、松山英樹選手のスイングは、世界のトッププロとは違った特徴がいくつかあるからです。その特徴や体の使い方は正に”現代ゴルフ向き”であると言われています。

松山英樹選手のグリップとアドレス時ルーティーン!!なぜグリップは左手3本を強く握るのか!?

松山英樹選手のグリップとアドレス時ルーティーン!!なぜグリップは左手3本を強く握るのか!?

ゴルフにおいてグリップは、クラブと体を結ぶ唯一の接点で、とても重要です。過去にはある有名選手が、しっくり来るグリップが完成したので、そのグリップを忘れないよう、グリップしたまま寝たなんていう、嘘か本当か良く分からない話まであります。ここでは、そのグリップにおいて左手の3本を強く握る意味とアドレスでクラブをソールするとなぜ上手く行かないのかについて解説します。

ヘロヘロのスライス球に悩むアマチュアにお勧めなのはハンドダウンorライ角アップ!

ヘロヘロのスライス球に悩むアマチュアにお勧めなのはハンドダウンorライ角アップ!

よくゴルフ用語で出てくるハンドアップとハンドダウンという言葉。具体的にはなんのことを指し、手元の正しい位置とはどこなのか。他にも、ハンドアップやハンドダウンのメリットやデメリット。なぜアマチュアにはハンドダウンがお勧めなのか、について解説したいと思います。

【画像】重心はつま先?かかと?世界ランク上位10人のアドレス重心位置はこうだ!

【画像】重心はつま先?かかと?世界ランク上位10人のアドレス重心位置はこうだ!

今回は、ゴルフにおいて重要なアドレスの際の重心位置についてです。アドレスの重心は、やれ、つま先体重だの、やれ、かかと体重だのと、色んなことが言われていますが、論より証拠で、世界ランク10位以内のトッププロたちのアドレスの画像をまとめて比較してみました。また、重心位置を理解するための考え方についても解説します。

【動画】キム・インキョンの美しすぎるスイングはアマチュアのお手本

【動画】キム・インキョンの美しすぎるスイングはアマチュアのお手本

海外ツアーで優勝経験もあるキムインキョン選手。日本ではまだまだ無名ですが、彼女は韓国スイングの見本とも言えるスイングをしており、海外でもその評価は高い。また、アマチュアの人にとって参考にもなるスイングなので、彼女のスイングの特徴を紹介したいと思います。

簡単にゴルフの手打ちを体感できる方法を紹介!青木功の名言「ゴルフは結局ベタ足で手打ちだよ。」

簡単にゴルフの手打ちを体感できる方法を紹介!青木功の名言「ゴルフは結局ベタ足で手打ちだよ。」

日本のゴルフ界は昔から手打ちはダメというイメージを一般アマチュアに植え付けてきました。練習場にいる教え魔のおじ様たちは皆口を揃えて「手で打っちゃダメだよ、体で打たなきゃ、ボディーターンで。」と語ります。私も練習場でそんなことを言われ続け、全く飛ばない、上手くならないおば様、おじ様をよく目にします。

世界一位の飛ばし屋「葭葉ルミ」が語る飛距離アップの秘密とクラブセッティング

世界一位の飛ばし屋「葭葉ルミ」が語る飛距離アップの秘密とクラブセッティング

女子プロ界には、世界が誇る飛ばし屋がたくさん存在しますが、全米女子オープンに限って言えば、平均飛距離で世界一に輝いたのは、なんと日本人の葭葉ルミ選手。各国の飛ばし屋を抑え1位を獲得した彼女の飛距離の秘密と、クラブセッティングを紹介。

驚異的!!ダスティンジョンソンのヘッドスピードとクラブ番手別飛距離

驚異的!!ダスティンジョンソンのヘッドスピードとクラブ番手別飛距離

2017年現在、男子プロゴルファーで世界ランキング1位に君臨するダスティンジョンソン選手。全てのショットの精度が高いのは当然で、何といっても彼の武器はその驚異的な飛距離。そんな彼のヘッドスピードやクラブ番手別の飛距離、ドライビングディスタンス、他にも本人が語る飛ばしの秘訣などを紹介します。

【最新!2017年】ジョン・ラームのクラブ番手別の飛距離とクラブセッティング

【最新!2017年】ジョン・ラームのクラブ番手別の飛距離とクラブセッティング

世界ランク上位の選手であるジョン・ラーム。出場する大会では毎回のように上位に顔を出す選手だが、何よりも凄いのは…プロ転向が2016年であること。なんと、まだ2年目にして世界ランクはもうすぐ一桁。そんな彼の飛距離とアマチュアゴルファーに参考になるスイングについて紹介します。