松山英樹のパター遍歴とグリップ(握り方)やストロークアドレス練習法まで徹底解剖

スポンサーリンク

日本が世界に誇る最強ゴルファー松山英樹選手。彼の唯一のウィークポイントと言われてたのがパター。しかし、最近は波に乗るとそのパターもバスバス決めまくり、ビッグスコアを出すこともあります。そんな彼のパター使用遍歴と現在の使用パター、またパターのグリップ(握り方)やアドレスやストロークなどについて徹底解剖していきます。

松山英樹のパター遍歴

松山英樹選手は長い間、下記画像を含むピン型のスコッティキャメロンのパターを使用していました。

他にも似たようなピン型のパター(それらパターもスコッティキャメロン)を使用することもありましたが、種類はいくつかあれど、全てピン型のパターで、これまで長い間この形を愛用してきました。※ピン型パターとは上記画像のようなL字型のパターのことです。

しかし、これまで松山英樹選手は唯一のウィークポイントがパターであると言われていて、その試行錯誤のためもあり、最近では、このピン型以外にも別のパターを使用することがあります。

それが、テイラーメイド製の「TPコレクションミューレン」と呼ばれるパターで、この市販品ではなく、プロトタイプ型のものを使用しています。

このパター、松山英樹選手が使用しだしてからとてつもない売れ行きらしく、一時はどこも売り切れ御免状態だったそうです。型の種類としてはマレット型と呼ばれる分類のパターで、別名かまぼこ型とも言います。他にもローリーマキロイ選手も使用していることで有名で、それも相まってか、注文が殺到したそうです。ちょうどこのパターを使い出した時に、WGCブリジストン招待で優勝したのもあるんでしょう。

WGCブリジストン招待優勝!最終日の松山英樹のプレー動画はこちら!

現在マレット型を使用しているとは言っても、これまで愛用して来たピン型のパターを完全に排除したわけではなく、ラウンドによって使い分けるため、常に両方を常備しています。

実際、ラウンド前のパター調整の際には、これまで通りピン型のパターの練習を長めにとり、その日の調子を判断していると言っていました。

パターを変えるデメリット

アマチュアの人からすると、たかがパターと思うかもしれませんが、プロの世界では、「パットイズマネー」という言葉があるほど、パターがとても重要視されています。

パターというのは、型や物によって微妙に打ち方やタッチが変わるので、プロでもドライバーやアイアンなどは、性能重視で新作が出る度に変えることはあっても、パターは長年愛用しているという選手がほとんどです。※人によっては10年以上同じパターという人もいます。

例えば、ピン型パターの場合、シャフトと重心位置(打点)が直線上にないのに対し、マレット型は基本的に、シャフトと重心位置(打点)が直線上にあります。

これだけでも感覚に微妙な差が出る上、他のクラブよりも繊細さが求められるパターでは、長年使用して来たものを変えるというのは、それだけでも事件です(笑)

これだけでも、松山英樹選手がパターに関してあれこれ試行錯誤しているのかが、よく分かりますよね。

他にも、松山英樹選手のパターに纏わるエピソードとして、宮里藍選手が引退表明をした際にインタビューを受け、宮里藍選手にパターコーチ兼メンタルコーチとして冗談半分(松山英樹選手自身は結構本気だったそうです)で依頼したことがあります。

宮里藍選手は、飛距離で劣る分グリーン周りが抜群に上手く、パターなどでしっかりスコアをまとめるタイプの選手で、そういった部分に自分が足りないものを補って欲しかったんだと思われます。

松山英樹のパターグリップ握り方とアドレス、ストローク徹底解剖

・松山英樹選手パターアドレス

松山英樹選手のパターのアドレスは他の選手と比較して少し特徴的で、まずスタンスが広く、両足を若干内股にして絞っています

それと、アイアンやドライバーと比較して、左側に軸を取っています。

更には両脇も絞りと、とにかく、体が動く範囲を徹底的に制限したいというのがありありと分かるアドレスの形です。

それと、アドレスから若干ハンドファーストで構えていて、インパクトの時もハンドファースト気味にインパクトしています。ここら辺はプロでも様々で、ヘッドの上がり際で打つ人もいまれば、松山英樹選手のようにハンドファーストで打つ選手もいます。パターに王道なしとはマジですな。

・松山英樹選手のグリップ握り方

松山英樹選手のパターのグリップ(握り方)は、逆オーバーラッピングと呼ばれる握り方です。

具体的な握り方としては、一般的なクラブの握り方とは違い、まず右手を先にグリップし、その後に左手を添える形でグリップします。

この時に大切なのが、右手の平をターゲット方向に対してスクエアにすることです。

実は、過去に松山英樹選手はパターの握り方に関して、宮里藍選手の父親からアドバイスを受けたことがあります。

その際に宮里パパが語っていた内容が、

「松山英樹選手は、パターをグリップする際に右手の平がターゲット右側を向く癖がある。その方向に右手の平が向いていると、テークバックの際、イン側にクラブを引いてしまう。それを無理に平行に引こうとすると、手首に掛かるテンションが変わってしまう。両手の平は基本的に、同じ平面を作らないといけない。」

このアドバイスが功を奏したのか、アドバイス後のラウンドではパターがすこぶる好調で、ビッグスコアを出していました。宮里パパすげー!

それはともかく、ストロークや打ち方どうこう以前の問題で、アドレスの段階でスクエアからズレていたら全てが台無しだよね、という話です。

・松山英樹パッティングストローク

松山英樹選手のパッティングストロークは、最初のアドレスでも書いたように、下半身不動で、肩でストロークしています。※正しくは肩甲骨ですが。

テイクバックもフォローも、ターゲット方向に平行に出す打ち方をしていて、低くヘッドを動かしています。

それと、もしかすると癖なのかもしれませんが、松山英樹選手は、打った後のボールを顔で追う動きをします。意外と思うかもしれませんが実はこの動き、プロに意外と多い動きです。

よくティーチングプロが、顔を動かすな、ボールはあくまでも左目だけで追え、といったことをよく言いますが、その教えを守っていないプロも多くいる現実…笑。

それと、松山英樹選手は、腕の5角形を終始変えないストロークをしています。プロの中には、インパクト後に右手を押し出す動きをする選手もいますし、ここも人それぞれです。

それと、両手の形も終始変わらず、常にアドレスの形を保っています。

最後に分かり易いよう動画を用意したので、文字とか分かりにくいぜという感覚派の方は、そちらを見てください(笑)

まとめ

松山英樹選手は個人的にですが、パターに関しては感覚よりも理論を重視して打ち方を考えているような気がします。

例えば、全ての関節を出来る限り固めて、肩甲骨以外が動かないようにしたり、終始五角形を崩さないストロークだったり、ヘッドを平行に動かしたり、関節の伸展がなかったりなどなど。

出来る限り”アソビ”がないスタイルで無駄な動きを一切排除する形でパターをしているところになんか理系っぽさを感じます(笑)

プロは全ての練習の中で、パターに一番時間を割くほどパターを重視しますが、松山英樹選手も、パターには相当時間を掛けているようで、彼ほどの努力家であれば、間違いなく今後パターに関しても技術力を上げ、世界No1になってくれることでしょう。頑張れ松山英樹!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする