2019年からゴルフ界が変わる??アマチュアにも関係のあるルールの改定を解説!

スポンサーリンク

2019年からゴルフ界も色々と変化があります。まずはルールの改定。これまでのルールと変更点が複数あり、よりゴルフを身近に、そしてプレースピードの向上などを目論んでのことだと言われています。これら細かい内容や変更点などについて解説していきます。

2019年からゴルフのルールが変わる

これまでにも、ゴルフのルールが変わることは何度かありましたが、そこまで大きな変化はなく、我々一般アマチュアにとってはあまり関係のない話がほとんどでした。

ですが、2019年から新しくなるルールには、我々アマチュアにとっても関係のある話がいくつかあります。

これは多くの人が思っていることだと思いますが、

正直、ゴルフはルールがややこしい!

まぁ、家族や友達と一緒にゴルフをするのなら、他の組に迷惑の掛からない範囲で、細かいルールは特に気にしないで良いと個人的には思っていますが、それでも、いちいちややこしい。

これが、ゴルフ人口の増加を妨げていると考えたらしく、改正に至ったわけです。(…実際問題、ゴルフ人口が増えない理由はそんなことじゃないぜ?と、私は言いたいが…爆)

まぁ、それはともかく、2019年からゴルフのルールが改定されるので、ここでいくつか紹介しますが、細かく話せばキリがないので、我々アマチュア、またはこれまでのルールから大きく変わった点について解説していきます。

バンカー内での処置についての変更点

スポンサーリンク

1、バンカーは2打罰で後ろに出して打つことが出来る

このルールに関しては、個人的には意味が分かりませんが(笑)、超初心者のスロープレー緩和、もしくは、海外のメジャー大会などで採用されている、恐ろしく深いポットバンカーを想定してのルール改定だと思われます。

ただね…どんなバンカーでも、自分で打って出したいですよ、普通…。

仮にそれが超初心者だとしても、せっかくバンカーから打つ練習が出来るのに、それを放棄して2打罰で後ろに出す意味が分かりませんし。

まぁ、何度も何度も打って、それこそゴルフにならない場合は別かもしれませんが、あまり流行らないルールだと思います。

2打罰はあまりにも大きな代償ですし。

それと、後ろに出す際は、ボールとカップの後方延長線上に出すこととされています。

2、バンカー内のゴミや障害物を取り除くことが出来る

これは個人的に賛成なルール改正ですね。

今まで、風やその他の影響でバンカー内に入ったゴミや障害物は取り除くことが出来ませんでした。

その理由が、バンカー内の砂に触れることを禁じていたからです。

ただ、今回の改定で、ゴミを取り除くことが可能になったのは勿論、その際に、砂に手などが多少触れることになったとしても御咎めなしです。

ただし、ショットを打つ際のソールに関しては2019年以降も禁止です。

グリーン上での処置についての変更点

スポンサーリンク

1、旗竿を立てたままパッティングしてOK

今まで、グリーン上にある球を打った際は、旗竿に触れてはいけないというルールがありました。

旗竿を立てたまま打つのは構いませんが、その球が旗竿に当たってはダメということですね。

なので、グリーン上でパッティングをする場合、旗竿をキャデイが持ったり、友人や知人に持ってもらうことが普通でした。

ですが、それだと、いちいち時間が掛かるし、距離が遠いパッティングの場合は、旗竿がないと見えにくいといったこともあり、今回、新しく変更されたそうです。

これも大賛成。

別に良いんじゃね?と昔から思っていたルールの一つです(笑)

2、ボールとカップの延長線上のグリーン面に触れてもOK

これまでのルールだと、自分がパッティングをする際、距離を測ったり狙い目を指示したりする際に、グリーン面に触れることはNGでした。

なので、プロなどに、キャディさんがパッティングの狙い目などを指示する際は、狙い目の上から指で指示したりしていました。

が、今回の改正で、その際にグリーン面に触れてもOKというルールになりました。

勿論、元々のグリーンの形状や芝目を意図的に改善することはNGです。

その他のルール変更点

スポンサーリンク

1、距離測定器の使用がOK

これはある意味時代に即したルール改定と言えると思います。

ただし、風や高低差、といったことを計測することは禁止のようで、ローカルルールとして使用を禁止することも出来るそうです。

…いや、風や高低差も良くない?と個人的には思いますし、今後は間違いなくそうなっていくでしょうね。

結局、風や高低差、距離の計測をした所で、最後は自分の技術で球を打たなければならないですし、そこの正確性を競うのがゴルフですから。

これは余談ですが、以前、デシャンボー選手が、方位磁石を使い、ピンまでの正確な距離を測っていたことが判明し、方位磁石の使用が禁止されたことがあります。

デシャンボー半端ないッ!

2、球の捜索時間が5分~3分に変更

これは、アマチュアの我々にも大いに影響がある内容で、球の捜索時間が2分も短縮されました。

正直言って…このルール、アマチュアの我々の方により厳しいものです。

プロの場合は、ギャラリーやボランティアの人がいるので、球を見失うということ自体が少ないですが、同伴者かキャディぐらいしかいない我々アマチュアは、訳の分からない所に打ち込んだら、南無さんです。

私の考えですが、今後技術が発展したら、ボールがGPSで追跡可能になると思います。

それまでは、我慢…。

3、ボールをドロップする際に、膝の高さからでOK

今までは球をドロップする際、ボールを肩の高さから落としていましたが、それをすると、球が無駄に転がり、何度も何度もドロップして、結局、プレースして…みたいなことが頻発していました。

私なんかは、なんでこんな無駄なことをするんだろうと思っていたわけですが、晴れてルールが変わり、膝の高さからドロップ可能になりました。

そりゃ、そうやろ!

まとめ

他にもルール改正された内容はありますが、我々アマチュアが気にするのはこれぐらいでしょうか。

あ、そういえば、二度打ちした場合は、罰則がなく、1打扱いになるなんてルール改正もありました。

後は、プロぐらいしか気にしない、もしくは競技ゴルフをする人向けの内容でしょうか。

実際に、それに加えてローカルルールなんてものもあるので、競技ゴルフをされる方は、プレー前にしっかり確認しておくことをオススメします。

どうやら、ルール改正後は、競技委員を呼ぶ必要はなく、自分たちの判断でドロップなりリプレースすることが可能らしいので。

参考までに!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする