【画像】派手なウェアで話題!ささきしょうこのウェアブランドと、購入の際の注意点とは!?

スポンサーリンク

最盛期を迎えていると言われる日本の女子ゴルフ界。その一端を担っているのが、お洒落なファッションの韓国勢ですが、日本人選手の中にも、お洒落な恰好で注目されている選手がいます。それが、ささきしょうこ選手。周りとは少し違い、派手な柄の多い彼女。そんな彼女のウェアのブランドやウエア画像をまとめました。

ささきしょうこ選手が着用しているウェアブランド

プロゴルファーの多くはクラブやウェアなどをメーカーと契約しており、契約している場合、契約ブランドから支給される服の中から自分で選び、大会のラウンドで着用する、というのが慣例です。

中には、クラブはメーカーと契約せず、自分に合うものを追求するという選手もいて、その代表とも言えるのが、成田美寿々選手葭葉ルミ選手です。

※別記事に彼女たちの異質過ぎるクラブセッティングを紹介しているので、興味があればそちらの記事もどうぞ!

ささきしょうこ選手は、クラブとウェアの両方をメーカーと契約しており、クラブメーカーは「マルマン」ウェアブランドは「ラウドマウス(loudmouth)」というメーカーです。

ささきしょうこ選手着用のブランドは「ラウドマウス(loudmouth)」

このメーカーは、日本のメーカーではなく、アメリカはサンフランシスコが発祥のブランドでです。

店舗販売されているかは不明ですが、オンラインショップはあります。…が、海外のゴルフウェアブランドということで、少々…いや、だいぶ値段はお高め。※ポロシャツ1枚で9000円とかします。

とは言っても、ゴルフウェア専門のブランドというのは基本的には値段は高くなる傾向にあります。なぜなら…企業やメーカー、ブランド様たちは、客の足元を見ているから…笑

昔は金持ちの遊びだったわけですよ、ゴルフは。

なので、ゴルフとなるとお金に糸目をつけないおっさんやおばさんがターゲットだったわけです。

その名残なのか、未だに聞いたこともないようなゴルフウェアブランドでも、ポロシャツ1枚1万円とかしちゃうわけですね。

ただ、ラウドマウス(loudmouth)がまだ良心的だなと思うのは、アメリカと日本で値段がほぼ同じというところです。

世界からすると日本人は良い意味でカモなので、性根の悪いブランドやメーカーだと、自国の値段の1.5倍とかの値段を当たり前の顔をして吹っ掛けてきます。

海外発送だから高くなるんじゃ?と思うかもしれませんが、海を隔てた他の海外だと自国と同じ値段で販売していて、日本だけ高額という所も実はあります。※実際にそういうブランドを知っていますし、知り合いには、そんなクソメーカーでは買うな!と言っています。

なので、興味のあるメーカーがあり、そこがどうなっているか気になる人は、日本語サイトではなく、一度その国のホームページに目を通してみてください。全然値段が違うなんてこともあるので。

さて、話を戻します。

上でも書いたよに、ささきしょうこ選手のファッションは、他の選手と比較してやたらと派手なことが多いですが、これはラウドマウス(loudmouth)の企業理念が関係しています。

ラウドマウス(loudmouth)は元グラフィックデザイナーであるスコット・ウッドワースという人が立ち上げたブランドで、

なぜ、ゴルフウェアは地味で暗いもの、単色なものが多いのか??もっと派手で、身に付けているだけで気分が高まるような色合いがあっても良いじゃない。

という思いから立ち上げられました。

なので、販売されているウエアも派手なものが多い、というか派手なものしかない。

それはもう、ゴルフ以外で着ていたら、どこかの大道芸人かと勘違いされそうなほどです。

ただ、ゴルフ場では間違いなく映えますし、もしゴルフ場でこんな服を着ていたら、個人的にもお洒落だな、と思います。

ささきしょうこ選手のウェア画像

男子ゴルフも女子ゴルフも中継を欠かさず見ている私ですが、あまりファッションには興味がありません。

なので、選手の恰好を見てどうこう思うことはないんですが、ささきしょうこ選手だけは別で、彼女を初めて中継で見た時も、「なんか、凄い派手な恰好だな。周りとの違いがハッキリするから、凄い良い。お洒落だし。」と思いました。

実際に自分が着るかは別として(おっさんの私に似合う訳がない…爆)、見ている分には、華やかさがあって好きですね。

よし、今度ラウンド行くときは、周りが引くぐらい派手な恰好で行く!…かも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする