時松隆光がベースボールグリップにする理由とは!?メリットとデメリットを紹介!!

スポンサーリンク

今最も波に乗っている時松隆光選手。そんな彼の特徴がなんと言っても、グリップの仕方。世界中のプロの90%が採用しているインターロッキングやオーバーラッピングではなく、彼が採用しているのがベースボールグリップ。そこに至った意外な理由??と、メリットやデメリット、グリップ方法を紹介します。

ベースボールグリップとは

ベースボールグリップ、別名テンフィンガーグリップとは、言葉の通り、10本の指全部でクラブを握るグリップ方法です。

時松選手のグリップ画像

このベースボールグリップですが、いくつか特徴があります。

まず、インターロッキングとの違いで、指を絡めていないこと。※インターロッキングとは、左手の人差し指と中指の間に右手の親指を挟むグリップのこと

で、一見オーバーラッピングから指をずらして10本で握っているように見えますが、決定的に違うのが、左手の親指を右手の小指と手のひらで挟んでいないことで、簡単に言えば、左手と右手が連結していないのがベースボールグリップです。

よく両手の一体感という言葉がありますが、私は、両手の一体感はむしろない方が良いと思っています。

というのも、本来ゴルフスイングにおいては、右手と左手は動き方が違い、両手の一体感があると、テコの原理を感じにくいからです。

よくある練習法のスプリットハンドグリップでのスイングなんかが正にそれを理解するための方法ですが、もし両手の一体感が有りすぎて、タメが出来ないなんて場合は、スプリットハンドグリップで練習してみるといいかもしれません。

スプリットハンドグリップ

時松隆光選手がベースボールグリップを採用している理由

スポンサーリンク

ベースボールグリップのメリットの一つで、両手を絡めないことで左手の親指を痛めないことが挙げられます。

別記事で左手の親指を痛める理由は、グリップよりもスイングにあると私は言いましたが、グリップ圧が強い人や、両手をギュッと握ってしまうクセがある人はどうしても、インターローッキングやオーバーラッピングで握ると、左手の親指を痛めてしまうことがあります。

参照:左手の親指を痛める理由はスイング!?

ゴルフ左手の親指(付け根)を痛める原因はグリップではなくスイングにある!?
ゴルフを真剣にしている人間ほど、必ずどこかを痛めるという悲しいジレンマがあるが、アマチュアに特に多いのが、左手親指(もしくはその付け根)を痛めるというもの。プロでもたまに悩まされている人もいるらしいが、この原因はなんなのかについて解説したいと思います。

ですが、ベースボールグリップであれば、そもそも左手の親指を右手で挟んでいないので、付け根を痛めることがありません。

そしてそれが、時松隆光選手がベースボールグリップを採用している最大の理由でもあります。

実は時松選手、このグリップは自ら考えて採用したわけではなく、ゴルフの師匠から「ベースボールグリップにしなさい。」と言われたことがきっかけでした。

その師匠というのが、桜美ゴルフハウスの代表で篠塚武久さん。

時松選手が5歳の頃から教わっている師匠で、ツアーで活躍している今でも、時間を見つけては篠塚コーチの元を訪れスイングチェックをしてもらっています。

篠塚さん自身は元々ベースボールグリップではなかったそうですが、その結果、左手親指を痛めたという自身の経験があり、自分が運営するゴルフスクールの子供たちには、例外なくベースボールグリップで握らせているそうです。

時松選手もその教えに従い、ベースボールグリップで握っていますが、やはりというか、プロとしてやっていく中で、周りの先輩プロとのグリップの違いに多少の不安はあったそうです。

それでも師の教えを守り抜いた結果、今、最も勢いのある若手プロになりました。

でですね、最初にも書いたように、ベースボールグリップはプロの間ではほとんどやっている人がおらず、というか時松選手以外に男子プロでやっている人を見たことがありません(笑)

それぐらい、珍しいグリップなんですが…実は、初心者にとっては一番馴染みやすいグリップの方法です。

例えば、子供に何も教えずゴルフクラブを渡したら、ほぼ全員ベースボールグリップで握ります。

指をからめるインターロッキングや手を重ねるオーバーラッピングなんか気持ち悪過ぎて、”知識”として知らなきゃ誰もやりません。

それと、日本はゴルフよりも野球の方がより子供にとって身近なスポーツなので、ベースボールグリップの方が”自然”な握りです。

ですが、大人になったら”知識”が邪魔をして、インターロッキングに矯正する人がめちゃくちゃ多い。

偉そうなこと言ってますが、何を隠そう私もその一人で(爆)、大人からゴルフを始めましたが、最初はベースボールグリップで握っていました。

ですが、世界中のプロの大半がインターロッキングかオーバーラッピングでグリップしていることを知り、インターロッキングに直しました。

勿論、どちらが良い悪いではなく、あくまでも個人の感覚の問題なので、しっくり来る方を採用するのが私は一番だと思います。

もし、ベースボールグリップを試そうと思っている場合は、下にメリットとデメリットを書いておくので、参考にしてみてください。

参照:時松隆光選手の本名が違う理由とは!?

時松隆光の本名はなぜ違う??本名と名前を変えている理由を紹介!!
若手の中で今最も結果を出している時松隆光選手。しかし、彼の本名は実は時松隆光(ときまつりゅうこう)ではありません。プロゴルファーとして名前を登録する際に隆光という名前にしたそうで、勿論、名前を変えたのには理由があります。その理由と、時松選手のwikiやプロフィールを紹介します。

ベースボールグリップのメリットデメリット

ここからは、ベースボールグリップのメリットとデメリットを紹介していきますが、それを鵜呑みにするのではなく、最後は自分の感覚を信じてみてください。知識ばかりが先行すると、どうしても感覚を置き去りにしすぎることがあって、特にグリップはフィーリングが非常に大切だと私は思っています。

なので、あくまでも参考程度に見てもらえればと思います。ただし、試すのはタダなので、興味があれば試すことをオススメします。

ベースボールグリップのメリット

スポンサーリンク

ベースボールグリップのメリットは、上でも書いたように、親指を痛めないことと、力を入れやすいことが挙げられます。

野球選手が誰一人として、インターロッキングやオーバーラッピングで握っていない理由は、あの重たいバットを速く振るためにはベースボールグリップで握る方が力が入るからです。

なので、出力を大きくする方法の一つとして、ベースボールグリップは有効です。

これは私が勝手に言っているわけではなく、レッドベターのAスイングも同じような見解をしていて、より力強いショットを求める人に向けて、ベースボールグリップを紹介しています。

これだけだと、良いことづくめのように思いますが、当然デメリットもあります。

ベースボールグリップのデメリット

ベースボールグリップのデメリットは2つあると言われていて、1つが方向性が損なわれる可能性があること。もう一つが力を入れやすい分、力みを誘発してしまう可能性があること、です。

私自身、一時期長い間ベースボールグリップで握っていましたが、正直、方向性に関してはあまり気にならないというか、ベースボールグリップだからと言って、特別曲がったり、変な方向に行くというようなことは感じませんでした。

ですが、一般的にはそう言われているらしく、理由としては、両手が絡まっていない分、操作性が難しくなるからなんだとか。

で、もうひとつが、力みを誘発してしまう。

これは、私自身思うところがあり、ベースボールグリップを辞めた理由の一つなんですが、プロがインターロッキングやオーバーラッピンを好む理由が、両手の力みを取りたいからなんじゃないかなと勝手に思っています。

両手を絡めて握ると、どうしても力を入れずらい、てか、あまりにもギュッと握ったら痛い(笑)ので、ある程度、脱力感を感じることが出来ます。

力を入れやすいメリットの裏返しみたいなものなので、どちらを優先するかはその人の感覚と、スイングに影響されるとは思いますが。

考えられるデメリットはこれぐらいです。

ベースボールグリップって実際どうなの?本音トーク

上でも書いたように、私自身、以前ベースボールグリップで握っていましたが、だから飛距離が滅茶苦茶伸びたとか、球がアホみたいに曲がるようになったとか、そんなことは有りません(笑)

グリップを変えたぐらいで、劇的に飛距離が伸びるなんてことはある訳もなく、単純にスイング中に気持ち悪くない握り方ならば、それで良いと思っています。

最初の方にも書きましたが、私は一番最初にベースボールグリップで握っていて、その後、”知識”によりインターロッキングに変更、親指を痛めてベースボールグリップに戻し、長い間試していました。

今は、インターロッキング×お祈りグリップでグリップしています。

参照:一度は試して欲しい、お祈りグリップはコレだ!

【画像】アマチュアがゴルフのグリップで迷ったら試すべき”お祈りグリップ”
ゴルフをやっている人間なら、一度は必ず悩まされるクラブのグリップの仕方。なんかグラグラしたり、どうもしっくり来なかったり悩みは色々ですが、結局のところ一番は、クラブとの一体感があるかどうか。そこで紹介したいのが、今最もトレンドかつオススメな”左右対称グリップ”Aスイング的には”お祈りグリップ”。もしグリップに悩んでいたらぜひ試してみてください。私自身が採用しているグリップの仕方でもあります。

で、個人的な感想ですが、親指を痛めた場合、もしくは痛めたくない場合はベースボールグリップはオススメです。

逆に、力を抜いたスイングに矯正したい場合は、インターロッキングかオーバーラッピングをオススメします。

それと、何度も言いますが、最後は感覚を大事にしてください。

これは色んな人が言っていますが、気持ち悪いグリップは絶対に辞めた方が良いです。

特に、トップや切り返しで妙な遊びを感じてクラブが暴れるようなグリップは、スイングが崩壊します。

それと、もしグリップで悩んでいる場合は、上でも紹介した、お祈りグリップなんかも試してみてください。私は、このグリップがしっくり来ているので、もしかしたらフィーリングが合う人もいるかもしれないので。

参照:一度は試して欲しい、お祈りグリップ!

【画像】アマチュアがゴルフのグリップで迷ったら試すべき”お祈りグリップ”
ゴルフをやっている人間なら、一度は必ず悩まされるクラブのグリップの仕方。なんかグラグラしたり、どうもしっくり来なかったり悩みは色々ですが、結局のところ一番は、クラブとの一体感があるかどうか。そこで紹介したいのが、今最もトレンドかつオススメな”左右対称グリップ”Aスイング的には”お祈りグリップ”。もしグリップに悩んでいたらぜひ試してみてください。私自身が採用しているグリップの仕方でもあります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする